LTEが110Mbps

ヤフーワイファイにどのようなメリットがあるのか、ネットに出回っている口コミなどもしっかりチェックしておくようにしましょう。

知名度ならヤフーワイファイは登場してまだ新しいというのに抜群なのです。しかし、知名度と、良いサービス提供はイコールとは限らないです。

ヤフーワイファイは2016年3月に機種変更をし401HWになりました。過去の、Pocket WiFi 303HW、Pocket WiFi GL10Pとは何が違っているのでしょうか。新しく登場したWi-FiはPocket WiFi 401HWです。速度は、最大112.5Mbps(AXGP)、最大110Mbps(LTE)で、AXGPの変化は僅かですが、 LTEが「75Mbpsから110Mbps」と、大幅に速くなっていることが分かります。AXGPの回線というものの、建物の中にいるとき、ほとんど繋がらないというデメリットを抱えているため、 自動的に速度のはやいLTEを使用することになります。

かつてのモバイルルーターは、LTEの通信速度が遅いこともあったようですが、現在のLTEは110Mbpsと性能が良くなっています。実際に、Wi-Fiを選択することは、思っている以上難しいことです。それは、いろいろなWi-Fiがあり、それぞれがメリットデメリットを持ってるからです。このときデメリットを知り、比較することもとても大事です。

ヤフーワイファイの速度

Wi-Fiは工事もしないですぐに使用出来るから使い勝手があります。家の中でもインターネットをすることができ、ノートパソコンを外へ持って行くというときでもWi-Fiを使用することが出来ます。しかし、やっぱり多くの人たちが気にしているのは料金です。

一番安さを誇っているのは、ヤフーワイファイだといえます。ただし、安いという理由だけで購入してしまうことにもリスクはありそうです。もう少し、ヤフーワイファイというものがどのようなものか知りたいですね。

ヤフーワイファイの速度はどのような感じなのでしょうか。ただ安いだけがヤフーワイファイではなく、 ヤフーワイファイは4GLTEの高速回線エリアに対応しているので、スマホと同じように広いエリアでサクサク繋ぐことが出来ます。

未だ、3Gを使用している人たちも多くいます。3G回線でも使用出来ないということではなく、ストレスなく使用出来ると言ってもいいのですが、残念ながら3G回線はやがて終了してしまうようです。今、4GLTEは、WiMAXの当たり前の規準にもなろうとしています。つまり、ヤフーワイファイは、しっかり規準に則ったものであり、ただ安いから購入したということで決して裏切られる商品ではありません。

ヤフーワイファイは対応エリアは、ソフトバンクの対応エリアも兼ねているため、ソフトバンクのスマホが使用できるエリアであれば使用ができます。

ヤフーワイファイ

ヤフーワイファイも今注目すべきWi-Fiの一つです。しかし、他にもいろいろなWi-Fiがあって何がどう違うのか判らないという人たちが非常に多いです。ヤフーワイファイは、「Yahoo JAPAN」などで知られているヤフー株式会社が提供しているポケットWiFiです。

ただし、ヤフーワイファイは、ワイモバイルと同じ回線を利用をしています。ヤフー株式会社はソフトバンクのグループ企業であり、ワイモバイルはソフトバンクのポケットwifiブランドなのです。ワイモバイルよりも安く、ポケットWiFiを使用したいというのなら、ヤフーワイファイかもしれません。

契約期間である3年の実質費用で約3万円も違ってくるようです。低価格で使用するというのなら、やっぱりヤフーワイファイです。しかし、契約期間が3年と他社サービスは2年であるものに対して、長いというのも気になるところですし、 ヤフーワイファイは、通信量を抑えるため勝手に動画や写真の画質を悪くされることがあるようです。

この場合、契約している人たちが、ネットを使用し過ぎたからこのようになる訳ではなく、ワイモバイル側の回線の都合ということのようです。だから実際にいつこのようになるか判らないのです。

そして、ヤフーワイファイの注意すべき点は、たとえ回線がつながりにくいことがあったとしても、無料で契約を解約することはできないということです。でも、 料金がやっぱり安い方がいいという人たちにとって、ヤフーワイファイは選択肢の一つです。

ヤフーワイファイの速度やメリットについて調べました。